Sponsored Link

「医療過誤」の記事一覧

東京女子医大抗てんかん薬処方ミスで死亡した女性の人権

東京女子医大病院で抗点完薬16倍投与で死亡した女性の死に方がひどすぎる

3月30日、東京女子医大病院で脳腫瘍の女性に対して抗てんかん薬を既定の量の16倍も与えられたことで、女性が死亡したとが訴訟になっているというニュースが恐ろしい。 https://headlines.yahoo.co.jp・・・

プチ整形で鼻を高くするはずが失明、顔に傷。整形失敗談に驚く

プチ整形でちょっと鼻を高くするつもりだったが、失明、顔に傷…整形失敗談

恐いニュースを読んだ。朝日新聞にプチ整形で鼻を少し高くしようとした女性が充填剤(フィラー)によって結局失明、顔に傷が残る結果となった話が出ていた。 「プチ整形」まさか失明 「鼻を高く」未承認剤の注射後 朝日新聞デジタル6・・・

愛知 6歳小1女児、造影剤が原因のアナキフィラシーショックで死亡?

常滑市民病院で造影剤を投与後、アナキフィラシーショックで死亡、小1女児

愛知県常滑市民病院に5月下旬から高熱が続いたため入院していた小学1年、6歳 の女児が6月3日造影剤を投与された直後に容体が急変し、死亡したことが分かった。

副鼻腔炎(蓄膿症)の手術で左目失明させる医療ミス、長崎大学病院

fukubikuu2

2月28日、長崎大学病院は昨年6月に医療過誤があったことを発表し謝罪した。 30代の男性医師が副鼻腔炎(ちくのう症)の手術の際、患者の視神経を傷つけて、 左目を失明させたもの。

「私失敗しないので」という医師が本当にいたらと思う…医療ミスによる女性死亡

私失敗しないので

山口大学付属病院で患者を医療過誤で死亡させたと発表があった。 手術中に誤った血管を切断し損傷させたことにより50代の女性が亡くなった。 女性は左腎臓の腫瘍摘出手術のため、当病院の泌尿器科に入院、 腹腔鏡手術を行うことにな・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ