Sponsored Link

「福島第一原発」の記事一覧(2 / 8ページ)

福島第一原発事故後5年、賠償や廃炉費用総額20兆円超え試算

福島第一事故後5年試算で廃炉費用総額20兆超え

東京電力福島第一原発事故の賠償や廃炉にかかる費用が当初の政府想定のほぼ2倍に膨らみ、総額20兆円を超えると経済産業省が試算していることが分かった。政府は拡大する費用の一部を東電を含めた大手電力と新電力(電力自由化で新規参・・・

「ベトナムは原発計画を白紙撤回、安倍政権打撃」の記事に思う

ベトナムは賢い。原発建設計画を白紙撤回で安倍政権打撃。

11月22日、ベトナム国会は、日本とロシアの受注が決まっていた原発建設計画を白紙撤回することを正式に決めた。当初の予定では東南アジア初の原発は2014年に着工し、2020年に稼働予定であったが、2011年の福島第一原発事・・・

福島第一原発港湾内の高濃度放射能汚染水が海へあふれそう

福島第一原発港湾内の汚染水が海へあふれそう

福島第一原発の汚染水が台風16号の影響で港湾内にあふれて地表から海へ出ようとしているという。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160921/k10010701141000.html

原発を動かして出る高レベル放射性廃棄物は10万年も保管できるの?

そもそも10万年も核のゴミを保管できるのか。

7月27日、内閣府は、日本が国内外で保有するプルトニウムが2015年末時点で47.9トンになったと原子力委員会に報告した。 【ネタ元 朝日新聞2016年7月27日19時11分】

原発周辺の乳幼児用にゼリー状ヨウ素剤を今年度中に配備するらしい

原発周辺の3歳以下の乳幼児にゼリー状ヨウ素剤を配備

7月13日、内閣府は、原発から30キロ圏内の全国の自治体に対し、乳幼児用の安定ヨウ素剤30万人分を配布すると発表した。現在対象となる乳幼児は11万5000人。原発での重大事故の際、放射性物質が甲状腺から取り込まれる=甲状・・・

正気?放射能汚染土8000ベクレル/㌔以下を公共工事に使うらしい

放射能汚染土を8000ベクレル㌔なら公共工事に使うことになるらしい

6月7日、環境省の有識者検討会は、福島第一原発事故に伴って出た放射能汚染土を一定の条件下と対策下であれば1キロあたり8000ベクレル以下のものを公共工事に使えるとの方針を示し了承された。近く正式に決定し、福島県内外での再・・・

各紙でみる福島県子どものがん甲状腺検査の結果について 

各紙にみる福島県こどものがん甲状腺検査について

福島県は6月6日、福島第一原発事故当時18歳以下の38万人を対象とした2巡目の甲状腺検査であらたに2016年1月から新たに15人ががんと診断されて、がんと確定した子どもは計131人となったと発表した。 甲状腺検査は201・・・

福島第一原発は決して「アンダーコントロール」なんてされていなかった

福島第一原発はアンダーコントロールなんて決してされていないことが判明

東京オリンピック招致に日本から多額のお金が動いたという問題が取り上げられている。なんか雲行きが怪しくなってきたのではないか。 そしてオリンピック招致の際に安倍首相が汚染水の問題で「アンダーコントロール!」と言った福島第一・・・

福島原発事故直後の東京 数週間で100ミリシーベルト超の被ばく線量

福島第一原発事故直後の東京、数週間で100ミリシーベル超の被ばく線量だった

オバマ大統領のもとで科学技術政策を担当するホルドレン大統領補佐官が、福島原発事故の直後、放出された放射性物質の影響で、最悪の場合東京での被ばく放射線量が「数週間で100ミリシーベルトかそれを超える」恐れがあるとの予測値を・・・

指定廃棄物改正、8000ベクレル/kg以下なら一般ごみ処分、環境省

たとえ8000Bq/kgだとしても一般ごみとして焼却可能にしてしまった環境省

4月28日、環境省は放射性物質汚染対処特別措置法の省令を改正し、福島第一原発事故で発生した指定廃棄物に関し、放射性セシウム濃度が1キログラムあたり8000ベクレル以下であれば、一般ごみと同様の処分を認めるという新ルールを・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ