小学校の授業で英語が必須科目になるのは2020年、その時中学受験も変わる?

12月13日、小学校5年生、6年生での英語の必修科目化と中学校では英語で英語授業を

教師が行うということが決定した。

2018年度から段階的に2020年度実施を目指すらしい。

 

【英語教育改革実施計画の骨子】

・小学校は5、6年で教科(週3時間程度)、3、4年で教科外活動(週1、2時間程度)として実施

・小学英語は専科教員を活用する

・中学校は「英語で授業」を基本とする

・高校は発表や討論形式をさらに導入

・高校卒業時の目標を現在の「英検準2級程度」から「2級程度」に引き上げ

・教員の研修を強化し、英語教育推進リーダーを配置、外部人材の活用も進める

・都道府県別に英語力の高い教員の割合を公表

・2018年度からの先行実施を目指す

【ネタ元    毎日新聞より一部引用】

 

うわ、これは英語で出遅れるとずーっと引きずることになりそう。

私立中学受験もこれにより、英語という科目が増えるのでは?

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ