総理、国会での発言がご飯論法なのか意味不明です。

国会がひどすぎる。統計問題は官邸の元秘書官が「問題意識を持っていたのでそれを伝えた」こともわかってきた。「森友学園問題と一緒ではないのか」という指摘なのに、質問に対して、安倍首相は何をしゃべっているのか不明。突っ込まれると笑ってごまかす?
首相の答弁がひどすぎること、野党の良い追及をまとめて下さっている但馬問屋さんのツイートに見る…。


こういう場面、どうしてテレビがもっと取り上げないのかと思う。報道番組も国会についてあまり取り上げないのはなぜなのか。この国の根幹を揺るがす事態が起こっていたことについて重要なことを論じているというのに、殆ど国会でのやりとりが国民に伝わっていない。

なぜ、統計が不正におこなわれていたことについて、なにが問題かについては西日本新聞の社説。

あまりにも酷いことが起こりすぎて私たちの感覚も「ああまた不正」とマヒしているような気も。こんなことでいいのか。普通の内閣なら、既に倒れているような危機的な問題が安倍政権下で何度も起こっているのに、誰一人やめない安倍政権をどうして国民が許しているのか。

ワイドショー化した報道番組もまた、国民の目を政治から外へ向けてしまっている。

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ