塚田国交副大臣の「忖度」発言に森友、加計を見た。

やっぱり権力というのは長く続くと腐敗してくるのだ。応援演説で下関北九州道路を国の事業としたというのは、「首相と副首相の地元だぞ」と言われたから、「忖度しました」と塚田国土交通副大臣が発言したもの。
安倍首相と麻生副首相の地元だから忖度して、国の直轄調査にする便宜を図ったというものだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190403-04030899-nksports-soci 日刊スポーツ

 

上記日刊スポーツの解説によると、2008年には下関北九州道路は財政難で凍結していたものの、現在は国の直轄調査となり、今年度は予算も4000万円計上されているという。

後から発言を否定しているけれども、きっとその通りなのだろう。

森友学園や加計学園の構図そのままに権力者の意向を忖度する形で行政が動いていくことを端的表している。

大臣自ら長期政権による弊害を証明してくれた発言と言えるかも。

以下私が激しく同意したツイート。

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ