SNSの拡散力を操作できる人が上級国民?

土曜日、東京都足立区の小学生がエアガンで下級生を撃っているいる動画が拡散、炎上するという騒ぎがあった。動画が上がって騒ぎになり、現在警察も動くという流れになっているようなのだが、SNSの拡散については本当に恐ろしさも感じた。加害小学生の名前から小学校名まで晒されてしまい、ワーッと拡散。いま、SNSの力というのはすごいものがある。昔なら何日もかかるような噂が瞬時に伝播していく。

池袋の暴走事故での加害者は、真っ先に息子に電話して、SNSから情報を削除したり、グーグルマップで住所が特定されないように息子さんがネットの情報操作を図ったと言われている。

いまSNSがコントロールできる強い力を持つ者が勝ち組なのであろう。何か事件が起きても、SNSで拡散しないように、検索がかけられないようにインターネットを操作できるというのが「上級国民」らしい。

池袋の暴走事故では加害者は逮捕もされず、容疑者とも呼ばれずに病院から退院したことは事実。やっぱり世の中は不公平だわ。
しかし、歩くのもおぼつかないような老人に運転免許を与えたことも過ちだよね。
以下私が激しく同意したツイート。


 

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ