年金2000万円自助努力の報告書は「もうない」?という自民党公明党

毎日年金の話で申し訳ないけれど、日刊ゲンダイの記事。年金請求書が今年の4月からこっそりと変更されているという。
この「手続をしないでそのままにしておくと」年金は70歳からの支給になるよう文言が変えられているという話。
麻生大臣が「老後2000万円足りない」という試算について報告書を受け取らないとしたけれど、この報告書の数字の元は厚労省でもともと計算されていた不足額だったようで、実際に足りないのであるからもうお金の使い方を政治が見直さなければならないのだとしか思えない。
年金は削って、戦争をしないならいらないはずのステルス戦闘機を100機以上も買うお金はあるんかいという話。
お金の使い方を話し合うのが国会でしょう。小池さんがいいこと言っている!

報告書で改めて年金のことが問題となって、それを追及されては困るから、「予算委員会」は開かず、報告書も「もうない」という自民党と公明党。恐ろしいわ。あったものを自分たちの都合でなかったことにしてしまうこの政権のいい加減さに驚き怒る。

#2000万円貯めるよりも自民党・公明党を落とすほうがずっと簡単です

 

私が激しく同意したツイート。

 

 

 

 

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ