福島第一原発地下の高濃度放射能汚染水が止まらない。

福島第一原発の建屋の高濃度放射能汚染水が止まらず、建屋地下に1万8千トンあるという。デブリは沈んでおり、地下水に触れていればさらに状況は悪化していると思う。人間が近づくと5秒で即死するくらいの放射能デブリ(炉心溶融したものの塊)が福島第一原発の地下にはそのままになっていて、8年以上たった今もそこにある。人類史上にない事故でデブリを取り出せることが本当にできるのか、取り出せないとしたら、海水に漏れ出ないようにコントロールができるのか問題山積。

そのまま放置して「アンダーコントロール」と言って東京オリンピックを招致したのは誰?こんな事故がそのままになっていながら、外国へ原発を輸出しようとしたり、原発を再稼働させようとしたりする安倍政権。おかしいでしょう。
「福島は東京から遠く離れている」とも言って、東京で行う東京五輪とは切り離そうとしていた安倍首相だけれど、アンダーコントロールなんてことはまったくなく、8年経って事態はさらに悪化している現状をどう説明するのか。未来の子供たちになんといって詫びればいいのか。日本が世界から訴えられる日も近い気がする。

以下私が激しく同意したツイート。

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ