連日の猛暑で来年の東京五輪は果たして大丈夫なのか。

暑い。猛烈な暑さが続いている。7月末から8月頭にかけて来年、東京オリンピックが開かれる予定。去年も「サマータイム」にしたらどうかという話が出るほど暑かったけれども、今年もまた、選手側から東京五輪のコースや開催場所について不安や懸念の声が上がっているようだ。
だいたい毎日天気予報で「危険な暑さですのでなるべく外出を控えてください」とか言っているのに外でスポーツって…大丈夫なの。それもオリンピック。死人が出そう。なんで真夏の開催でゴーサインしたんだろう。
ニュースになっていただけでも以下の通りの問題。

オープンウォータースイミング(マラソンスイミング)・カヌー→水がどぶのような臭気でトイレの水のよう。
日陰なしで28℃以上の中4時間以上歩くのは危険。
馬術→馬や人すべて暑さ対策が不安。

おまけに暑さ対策として採用した遮熱性舗装道路は、地面表面の温度は確かにさがっているけれども、太陽を反射させるために、人が歩く高さくらいのところの熱は一般的なアスファルトより高くなるという話が出ていた。エーッ。大丈夫なんだろうか。こんな酷暑の時期に東京でオリンピックを開催して…。以下絶句するようなツイートばかり。

以下、私が激しく同意したツイート。

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ