福岡市営地下鉄で猫「しらたま」迷子10日間、ツイッター2万人が探す

 

福岡県の市営地下鉄のトンネルへ5月4日、一匹の猫が迷い込んだことで大捜索が

続いている。飼い主は福岡大学2年生の山根さん(19)。

5月4日の午後9時頃、市営地下鉄空港線の天神駅ホームで猫を入れたかごをもっていた

Sponsor Link

山根さんに他の乗客がぶつかり、かごが破損した。猫はかごを飛び出し、転落防止用の

ホームドアの隙間をくぐり抜けて線路側へ出、中洲方面のトンネルの中に走って行って

しまったという。

山根さんはこのことをTwitterで「天神駅にて白い猫が行方不明になりました。

目撃した方がいれば連絡ください」と写真付きでつぶやくと、すぐに約2万人のユーザー

が自らの投稿に引用、転送し広まった。

猫の名前は「しらたま」ちゃん。鈴付きの赤い首輪と青い目が特徴の愛らしい猫だ。

5月14日現在まだ猫は見つかっていない。駅職員は終電後、駅周辺を捜索

している。

福岡市交通局には「捕獲器を設置してはどうか」などとメールが殺到し、5月8日からは

天神駅に餌を入れた捕獲器を4台設置するなど対応に一生懸命だ。

【ネタ元 西日本新聞 2014年05月15日(最終更新 2014年05月15日 01時21分】

 

 

時代はネット時代。つぶやくだけで2万人の人が伝言してくれたり、応援メッセージを

くれたりしたというから驚きだ。また、何人もが声を上げてくれたおかげで

市交通局も捕獲器を4台設置するなど異例の対応になっていると思う。

イマドキの善意の輪にはインターネットが欠かせないものになっている。

特にツイッターは情報拡散のスピードが早いからすごい。

 

東日本大震災で宮城県気仙沼の幼稚園の園長先生が、イギリスにいる息子さんにメールで

園児と一緒に屋上に取り残されていることを伝えたら、息子さんがツイッターでつぶやいてくれて、

それに連携する形で救助体制がとられたという話は記憶に新しい。

 

また、今年CMを何本もこなし、ブレイクしている「1000年に一度」といわれる美少女、

橋本環奈ちゃんも地方のアイドルからネットユーザーの力で全国区に躍り出た一人である。

 

今回は猫の失踪だが、Yahoo知恵袋のように皆が知恵を持ち寄って力を合わせれば

世論の大きなうねりとなって政権も動かせるのではないか。

インターネットの力は益々強大になっている。

 

 

 

 

    

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ