げに恐ろしや。安倍政権「反社の定義は曖昧」と閣議決定。

森友学園問題では「安倍昭恵夫人は私人である」と閣議決定。桜を見る会問題では「反社会勢力は定義するのが困難である」と閣議決定。なんだそれ。

「反社会勢力との付き合いがないか」「反社勢力との取引ではないか」というチェックをいま一般企業ではコンプライアンスの一環として当たり前のように行っていることなのに、「反社の定義は曖昧である」って…どういうこと?
政府は何をしても良いというのか。おかしすぎる。まあ、なににつけてもコンプライアンス重大違反の内閣だけど、このニュースはもう「恐ろしい」と思うレベル。
安倍首相のいう「美しい国」とは「良くならない世の中」であることをあらためて宣言しているようなものだと思う。

以下、私が激しく同意したもういい加減にしろの声を集めてお届け。

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ