【萩生田大臣スキャンダル】反社と利権のにおいがプンプンする安倍政権

安倍内閣の側近にはスキャンダルが多い。今度は萩生田文部科学大臣。
最近、英語の民間試験導入の停止と数学、国語の記述式テスト導入の見送りでも注目を浴びたけれど、なんかおかしな匂いがする話が2つ今日は出ていた。

一つ目は日刊ゲンダイさん。

もう一つは山井議員の調査によると、採点を行う会社はもしやペーパーカンパニーではという話。

それにしても安倍政権は本当に私たちの税金であるお金にルーズである。そのくせ高齢者の医療費の自己負担を1割から2割に上げるとか、介護施設の低所得者の食費を上げるとか弱者からお金を吸い取ろうとする。
「いい加減、税金をあたかも自分たちのお金のように湯水の如く使い、なんでも自分たちに都合の悪いことは閣議決定してごまかす欺瞞に満ちた反社と利権のにおいがぷんぷんする政権をなんとか終わりにさせたい。」
まともな人はそう考えていると思う。

私人であるはずの昭恵夫人の税金の私物化も問題になっている。

桜を見る会同様、オリンピックのチケットにも首相や議員枠があるのかとの指摘が出ているらしい。この前はプラチナチケットであるはずの嵐のコンサートに安倍首相ふらっと行っていたし。なんで?
もうコンプライアンスという言葉とは全く反対の人たちだからね、この政権は。何もかも権力とかお金で解決されてしまうような政権にもうみんな嫌気がさしちゃってるわけだわね。

もう連日つっこみどころ満載の安倍政権。これでもなお支持している人たちがいるのが不思議。
何がいいのか。

以下私が激しく同意したツイート。

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ