桜を見る会の名簿は廃棄、廃棄記録もなしは民主党政権にならった?

菅官房の国民をバカにするような会見にあきれる。桜を見る会の名簿破棄についても民主党政権時の慣例にしたがったまでとかいうとんでもない説明。民主党政権の時は大震災でしょうに。
また、国会に提出する資料の加工については、「不適切」とか言ってるだけで上から目線。官僚のミスであるかのように責任を押し付けている。いままで同様官僚がそんなこと指示なくやるはずもない話だ。菅官房長官は謝りもせず、実際の「改竄」という非を認めない。

廃棄する時には記載するはずの台帳にも「桜を見る会」の名簿の記載なしというから本当はどこかにあるんだろうと私は思っている。菅官房長官は、再調査はしないと明言。安倍政権としては隠しときたいもんねー。反社会的勢力の参加など…。

名簿を保管しておかなければ、次の年に誰を呼ぶかどうやって検討するんだろうね。どう考えてもおかしな話。
まあそれにしても国民が黙っているのをいいことにやりたい放題でシラばかりきる政権。
もういい加減にしてほしい。

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ