安倍昭恵夫人はラクダに乗った写真で世間の怒りを買う。

この写真に私もびっくりしたと同時に怒りを感じた。中東に派遣される自衛隊員は遺書を書いているという。それなのに、「私人」である安倍昭恵夫人は中東の地でお遊びに興じている。なんだこれ。ツイートで話題。
税金の私物化以外の何物でもない。

一枚の写真が雄弁に物語る。写真の力ってすごいと感じた次第。
「パンがなければケーキを食べればいいのに…」とマリーアントワネットが言ったという噂でフランス革命が起こったと言われているが、昭恵夫人は駱駝にのった写真で世間の怒りを買う。

以下、私が激しく同意した皆さんの怒りのツイートを一杯のせておく。

首相動静(1月15日)(時事通信) https://t.co/zCWqsdU9nq
なんちゅーか、海外に観光してるような感覚があるよな。仕事という名前の遊びや。歴訪という名前の観光。だから、駱駝に乗ってはしゃぐ事が出来るんよな。政府専用機で豪遊してるみたいなもんやな。また金をばら蒔いて、また成果はなしかな?

— 怒りの権ちゃん@安倍は辞めろ‼️ (@aitm8283) 2020年1月15日


ript async src=”https://platform.twitter.com/widgets.js” charset=”utf-8″>

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ