【新型コロナウイルス】アメリカ、ロシアの対応が最初から違う件

昨日も書いたが、新型コロナウイルスは飛沫から水分が飛んでさらに小さな粒子となり空気中の塵などとあわさって飛散し感染を拡大するというエアロゾル感染が中国で確認されたという。この結果を聞いたら、横浜のクルーズ船内に乗客をとどまらせていることこそがウイルス感染を広げる恐れがあることがわかるだろうに。どうするんだろう。日が経つにつれ、ますます環境が悪化し、感染者が増える恐れがあると思う。
武漢から自国民を引き揚げさせる時のアメリカやロシアの対応が日本とかなり違う。ウイルスの恐ろしさを知っているからか。この新型ウイルスに対する臨み方からして初期段階から日本と全く違うと確認。

以下参考になったツイート。

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ