【新型コロナウイルス】日本の対応の甘さはどうだろう。

中国では武漢、北京に続き、上海も都市を封鎖するという。えー、どうなるの。経済への打撃も大変なものだけれど、それより命の危機だということ。
いくら春節明けでも命が危ないということになれば、誰も働く気にならないのではないだろうか。
日本人の大半の人は、「中国大変じゃん」と対岸の火事の如く中国を見ているかもしれないけれど、すぐお隣の国だし。そして日本はこの新型コロナウイルスへの対策が欧米と比較しても甘い。まだ湖北省以外の地域からの航空便はウエルカム状態だし。

中国、アメリカ、ロシアは最初から宇宙服のようなフル装備で患者を診ている。日本はマスク一枚だけ…。病院で医師や看護師も防護を完全にしてないし。いいの?この時季、病院に来た「風邪のような症状」の人が新型コロナウイルスに罹患していることもあると思う。
最前線の医師や看護師が倒れたりするようなことになれば、もう大変なことになる。

日本の対応は最初からゆるゆるで、武漢からの帰国者に「記者会見」まで開かせていたし。危機感がなさすぎなんだわ。
この新型ウイルスを甘く見ていると思う。

また、昨日中国でウイルスは感染後最長で24日の潜伏期間を持つことも発表された。長い。それなら罹患しても何が原因かもわからないだろう。
そしてエアロゾル感染もすると。感染すると100%肺炎を引き起こすというのだからたちが悪く、ただただ恐ろしさしかない。
満員電車に乗って大丈夫なのか。

肺炎患者で日本中の病院が満員になったらどうなるのか。
中国を見て、日本は先手を打って病床を増やすとかしないのか。いまこそ先立つ行動力が欲しいのだけれど…今の経済優先の政治では到底無理だろうね。
オリンピック大事だし、「中国は危機」でも「日本は大丈夫」って思っているし。いったいどこからくる自信なのか。
政治家は、日本が中国のようにならないために、いま、何をすべきかを考えて欲しい。

以下私が参考になったツイート。


    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ