今に始まったことではないが、安倍政権と安倍首相の酷さが…。

日本政府が世界から批判されるようになってきた。当たり前のこと。既にCOVID19は、エアロゾル感染し、ダクトや配管からの感染もあり得るという情報を中国で発表しているというのにダイヤモンドプリンセス号の乗客を缶詰にし続けた。健康であったかもしれない乗客まで感染させているのではないか。この船は、「武漢に次ぐ第二の感染源」と言われていて、この状態ですべての乗客の検査を行わないのは異常だと英国BBCも報じていた。そういった批判を受けてなのか、厚生労働省は昨日ようやく全員の検査をすることを発表。遅いわ。日本だけのことではないので、安倍政権もごまかしがきかないのはいいけど…。

ツイッターで知った情報だが、厚生労働省は今回のこういったことを見越してなのか、「検疫官」を10月頃に大量募集していた。何か情報があったのか。今後を見据えていたのだと思う。世界の情勢を見て、行動することのできる優秀な官僚たちが、いまや無能な政治家の下で潰されている。だいたい「市中感染」という疑いが出てから、ようやく「専門家たちを集めた会議」っていままで3週間、国会議員は何をやっていたのか。国家の緊急事態だというのに。

名古屋在住でハワイからの帰国後に感染が発覚したご夫婦はどこで感染したのか不明だという。どこで感染したのかがわからなければ、アメリカが今後日本人を入国拒否する事態も想定される。現に、ミクロネシアは早々に日本から直接入国はできないようにしているし、台湾も日本を渡航に注意すべき国とした。
誰がどこで感染したかがわからず、市中感染がおさえきれない状況になれば、世界が日本人を中国と同じように締め出すことも起こり得る。

そうならないようにしなければ、(すでに遅いような気がするけれど)安倍首相が常に優先してきた経済だって東京五輪だってダメになるよ。

以下私が参考になったツイート。

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ