20代も重症になる新型コロナウイルス。なぜ検査をしないのか。

日本各地で続々と、感染者が出てきたけれど、これでもインフルエンザのようにすぐに検査ができないとまだ言っている。実際のところ、国内の感染者数は今出ている数とは桁が違っているのではないか。感染力の強いウイルスだけに…。
日本の政府のやり方はおかしすぎる。

クルーズ船の対処にあたっていた厚労省の幹部や検疫官が感染したということがあったにもかかわらず、クルーズ船に乗船した厚労省職員90人を無検査で職場へ戻したという。
「もしウイルスが誰かに発見されて、省の人出が足りなくなったら困る」ということで…???と記事に書いてあるが、政府がいつも何を大事にしているのかがわかる話だ。結局のところ初期で止めずに感染を広げることになれば、霞が関も大変なことになるのに、ウイルス対策として先を見据える方向が間違っている。
そして、批判を受けて一部の人を検査するという…なんと後手後手の対応。すべてがこの通りなのだ。まあいままで、やってきた「改竄」とか「隠ぺい」とかがウイルスには通用しないからね。
今まで通りの政治をやっていてはどうにもならないということ。

そして、案の定、世界から批判されていたクルーズ船からおりた乗客で陰性でも自宅へ帰って具合が悪くなって陽性となった人が出現。乗客に下船後14日間の隔離をしなかったのは日本だけ。

検査をなぜしないようにしているのだろうか???国民の感染を数としてしか見ていないとしか思えない。数が増えると困るという話なのではないだろうか。重症の患者しか検査できないなんて…市中感染を止めるためには初期で検査した方がいいに決まってるじゃないか。もう素人だってわかる話。
オリンピックのため???に、数を増やさないようにしているとしか思えない。

以下私が参考になったツイートと、激しく同意したツイート。

肺炎を発症しないと検査しないとかどうにかならないのか。新型コロナウイルスに感染しているかどうかを知ることは、周りに感染を広げないためにもとても大事だと思うのだが。政府は一人一人の健康ではなく、数としか見ていないから罹患者の数さえ増えなければいいということなんだろう。めちゃくちゃな話。

日本の政府の対応が甘いと思うのは症状だってテレビで言っているような甘いもんじゃないってこと。若い人はたとえかかったとしても重症化しないとか。高齢者や持病のある人だけが危ないようなこと言ってるけど…。実際に20代だって重症になっている。
また、咳が出始めてから重症化するまでの経過が早すぎる。
以下は熊本県の20歳の看護師さんのケース。咳が出始めたのが2月17日で、22日午後に酸素吸入するなど重症に。
たった5日間で重症に。発熱しても4日間は自宅に居て下さいなんて言っていたけど、検査もしてもらえず、病院に行ったときには重症という人も今後増えるのではないだろうか。

kumamoto20
熊本市健康福祉局発表PDFhttp://www.city.kumamoto.jp/common/UploadFileDsp.aspx?c_id=5&id=27146&sub_id=1&flid=196424より

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ