フェイスブック詐欺、外国人男性が交際迫り、68億円を贈る?

5月20日、北海道新聞の札幌北署への取材で、石狩市の40代女性がフェイスブックで

英国人の船長を名乗る男に現金25万円をだまし取られそうになったことがわかった。

札幌北署によると、4月16日から5月上旬にかけて、女性のフェイスブックに

Sponsor Link

英国人の外国船船長を名乗る男から「愛おしい。交際したい。」「連絡先を教えてほしい」

などと英語の書き込みがあり、女性は携帯電話の番号や勤務先の住所を教えたという。

男から、「プレゼントを贈った」と電話があり、その後、マレーシアの税関職員を名乗る

女から電話で「あなた宛ての荷物に4千万ポンド(約68億円)が入っていた。罰金として

2500ドルを払ってほしい」と個人名の海外口座番号を教えられたという。

女性が知人に相談し、騙されていることに気づいた。

【ネタ元 北海道新聞 (05/20 16:00、05/20 16:15 更新)】

 

海外版オレオレ詐欺のような…。「外国人に日本人は弱い」ところを見透かされた事件の

ように思う。日本人の男の人から「連絡先を教えてほしい」と同じようにフェイスブックで

言われたとしても、絶対にほとんどが教えないと思うが、それが外国人だとちょっと

ガードが甘くなるところがある。 さらに、褒められているから悪い気はしない。

 

しかし税関の罰金とは…敵もよく考えたものだ。

金額が金額だけに、うそっぽいし、個人名の口座が振込先だったというので

このケースは有り得ないとは思うが、実際の送金金額がもう少し現実的なら

騙される場合もあるかもしれないと思った。

 

インターネットは世界とつながっているのだが、日本人には英語の壁があるため、

こういったネット詐欺からは反対に逃れられていたのかもしれない。

相手の言っている意味がわからなければ相手の指示にも無反応だから。

英語がわかる人ほど新手のフェイスブック詐欺などネット詐欺に注意が必要だ。

 

 

 

 

    

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ