日本人の生活様式は感染を防ぐのに役立っている?

「イタリアでは玄関で靴を脱ぐ人も…」という現代ビジネスの記事、イタリア在住の記者が規制緩和後のイタリアの様子をリポートしているのだが、ハタと思ったのは、外国では玄関で靴を脱がず、そのまま家の中を歩くことが一般的だったということだ。靴底についたウイルスを家に持ち帰り、そのまま家の中に入れてしまえば、やはり感染するリスクが上がるだろう。
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6359443 現代ビジネス5/11(月) 8:01配信

その点、日本はBCGの予防接種率が高いこともさることながら、インフルエンザや花粉症の時期では予防マスクも普通であり、玄関では当たり前のように靴を脱ぎ、ハグ(hug)の文化もない。もともと西洋文化と比べて他人との接触が少ない日本文化がいまのところ功を奏していると思われる。

日本人なら、靴を脱がずに家を歩き回るなんて考えられないけどね。

以下、私が参考になったツイートと激しく同意したツイート。

これ、もうおかしいでしょ。いまする議題なのか。コロナ対応もまだまだっていうのに自分たちの保身だけは早い政権。もうあきれるわ。これ以上国民をバカにするなという声は私も同じ気持ち。

これは拍手パチパチ↓その通りだわ。

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ