「中国批判声明」に日本は不参加?がトレンド入り。

中国が香港に対する国家安全法制の導入を巡って、国際的には中国を批判する声明を出すという動きに対して、安倍政権は批判声明には参加しないと回答したという。そんな中国の顔色伺いの外交でいいのかとみんなが今日一斉に批判し、「中国批判声明」がトレンド一位になっている。(6月7日11時時点)

20200607

これはいつも安倍政権を応援している右翼(ネトウヨ)も引くだろう。事実、慌てている模様すらある。ニュースの発信元が「共同通信だからね~」とフェイクニュースなのではと疑う話すら出ていた。

しかし、どうしてこうも安倍政権は風見鶏なんだろう。いや、本当に中国を支持しているとしたら…。

日本も安倍政権の目指すところは戦前の日本であり、いつぞや安倍首相が、「こんな人たち」と安倍辞めろコールする人たちを指さしたように、異意見を許さない社会というのを目指しているとしたら…根っこは同じだからね。恐ろしい限りだわ。

以下私が参考になったツイートと激しく同意したツイート。

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ