出所後3週間で再犯、小学生女児4人を含む9人に性的暴行、無期懲役

5月26日、大阪市内で強姦致傷や強盗強姦など18件の罪に問われた尾木敬治被告(44)に

対する裁判員裁判の判決が大阪地裁で言い渡された。被告は平成22年から24年の間に小学生の

女児4人を含む9人に性的暴行を繰り返していた。

Sponsor Link
判決によると、平成24年2月、大阪市内で

当時10歳の女児にナイフを突き付け拉致した上、ホテルに監禁して性的暴行を加える

などしたという。斎藤正人裁判長は、「被害者に与えた精神的、肉体的苦痛は甚大で

極めて卑劣で悪質な犯行」として求刑通り無期懲役を言い渡した。

また、前科での服役を終えて出所後3週間でまた女性を襲うというように性犯罪を

繰り返していることに注目し、再犯の懸念もあるとした。

【ネタ元 産経新聞 2014.5.26 20:10 】

 

無期懲役って言ってもまた出てくるのでは?と心配になってしまう。

まだ幼い子供に酷いことをしたこういう奴は兎に角塀の外に二度と出られないように

してほしい。それくらいしても問題ないと思うのだが。

それか、ホルモン注射でもするとかして精神をコントロールすることを義務付けるとか?

性犯罪の被害者だけが泣き寝入りすることのないように、また決して被害者を増やさないように

厳罰に処してほしい。

 

 

 

 

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ