コロナワクチン、健康被害が出たら国が賠償するという法律?

コロナのワクチンを海外から輸入するにあたり、ワクチンで健康被害が起きた場合は、国が賠償するという法律を通すらしい。
一般的に実用化には5年から10年かかるワクチンを、オリンピックのこともあるから、今年度中に確保したいためにそんなことをするのだろうか。「多分大丈夫」という段階でワクチンを輸入するなら、怖すぎる。

健康被害が起こったら国が賠償するって言っても、体のこと。万が一健康を害してしまったら、困るのは当人だけで、たとえお金をもらっても解決できる問題ではなかろうに。

海外の製薬会社の「保険」のために日本の国が補償するというのはいかがなものか。なんかまんまとしてやられているような気がするけど。大丈夫なのだろうか。
極端なことを言えば、「まあまあ適当なもの」を流通させて日本の国内で健康被害が起こっても、その賠償は輸入した日本の国が行ってくれるのだから、余計に危ないものが流通しそうで恐ろしい。
そういうことでしょう。商品の責任は製薬会社に持たせないと。「適当でOK」にならないのかと思う話。

以下私が参考になったツイートと激しく同意したツイート。

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ