新型コロナウイルスは武漢ウイルス研究所で作られたという話

米国へ亡命した中国の科学者が今回の武漢で発生した新型コロナウイルスが水産市場から自然発生したものではなく、武漢ウイルス研究所から出たという証拠を発表する予定だという。

英国のサンデータイムスは7年前の2013年に武漢ウイルス研究所に新型コロナウイルスと酷似のウイルスの標本を送った事実があると報じている。(廃坑でコウモリの糞の清掃作業をした6人が重度の肺炎にかかり、そのうち3人が死亡したためそのウイルス標本が武漢ウイルス研究所に送付されたものらしい)
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-07-06/QD0MT9DWX2PT01

つまりウイルスが生物兵器のように人為的に作られたのかもしれないという話。この話は最初からかなり言われていて、今回のニュースを聞いてもあまり驚くこともないが、今度は科学的な根拠を発表するという。証拠が公になれば、中国政府は各国から損害賠償請求されるだろう。

収まる気配をみせない新型コロナウイルスに脅かされる生活。中国はなんてことしてくれたのか。世界中の人がいま、そう思っている。

以下私が参考になったツイートと激しく同意したツイート。

 

 

 

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ