菅内閣、中曽根元首相の葬儀に9600万円の税金を投入決定。

菅内閣が、中曽根元総理の葬儀費用に税金から9600万円の支出を閣議決定したことについて、みんな批難ごうごうである。内閣と自民党による合同葬をするという。
たしかに元総理なので敬意を払うことも、ある程度の支出はやむを得ないとは思うけれど、なんで1億円近くもかかるの?
また、大きなお金が動くから、自民党で葬儀の業者選定が始まるのか?だいたいコロナ禍で人が集まることについてももう解禁なのか?
いろいろと疑問点がある。

なんだかね。本当に必要なことや必要な人に税金が役立つ政治をお願いしたいのだが。

いまの自民党による政治はまったく国民目線ではないことは確かである。ドラマ「半沢直樹」に出てくる榎本明さん演じる政治家を見ると、いまの自民党の政治家ってあんな感じなんだろうなと思う。権力をほしいままにし、公金をどうやって懐に入れられるか利権ばかり案ずるというような政治家の姿。なんだかね~。国民のためになにができるかなんてことを一番に考えて動いてくれる人がトップを取れるような、また、そういう人が支持されるような世の中にならないものか。

明日の「半沢直樹」を楽しみにしている。1000倍返しして欲しい。
私みたいな思いの人がたくさんいるからどんな権力にも屈しない「半沢直樹」が羨ましく、うけるのだろうね。

以下私が参考になったツイートと激しく同意したツイート。

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ