5Gシステム、動物である人間への影響はあるのか。

なんと11月7日、東京で新型コロナウイルスの新規感染者が294人となったとか。8月20日の320人越えの次の数字らしい。
だんだん寒くなってきて連日の200人越え。
欧州のロックダウン状態やアメリカの新規感染者数からするとその比ではないけれど、単なる数字ではない人の病気や死がそこにはあるわけで。また、今後、医療現場の逼迫も想像されて、2020年は心休まる暇がない。
マスクに手洗いうがいしかないんだけれど…。

今年から日本全国で徐々に開始されている電波の仕様5G(第5世代通信システム)について、コロナは5Gの影響だという説については私は疑問を持っているけれども、人間だって動物だから電磁波については何らかの影響があるに違いないだろうとは思っている。
だから5Gによるコロナ説、コロナ陰謀説は否定しつつも、20GHz以上の高周波数帯域を使用するという仕組みの5G
(4Gの20倍の通信速度を可能とし、電波の遅延もいままでの10分の1で安定しているという。何しろ、2時間の映画のダウンロードがたった3秒でできる)は、人間がいままでとは違う強い高周波数の電波に日常的にさらされることも意味するので、なんらかの影響がでてくるのではないのかと思っている。

5Gは、”IoT”=すべての物がインターネットでつながる時代というデジタル面を実現させるものかもしれないけれど、アナログな人体への影響については未知の部分があり、健康被害を鑑みて導入をやめた先進国もあるという。

日本では5Gは結局何の反対もないまま全国に広がっていく様子を見せているけれども。
5Gについてはこちらのサイトがわかりやすかった。

https://newscast.jp/news/540937 NEWSCAST 記事詳細2020-03-23 19:00

以下私が参考になったツイートと激しく同意したツイート。

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ