菅首相が緊急事態宣言を出さないのは…にさもありなん。

昨日のリテラの記事、「菅首相が緊急事態宣言を出さないのは補償をしたくないから!「特措法改正」も野党のせいにして時間稼ぎをするため」はさもありなんの記事。
コロナ対策で、緊急事態宣言を発令すれば補償しなければならない。その補償がいやだから発令を出し渋っているというのが本音だろうね。
特措法改正で地方の知事の権限を上げて、コロナ対策できるようにしたら、都知事や県知事に丸投げするつもりなのかとも思えるが。

今日、いったい何を話すのだろう。いまのところ、菅首相はGOTOの失敗があるだけでコロナ対策は何一つ成功しておらず、なにもしないでただ手をこまねいているだけだ。みんながそっぽを向くのも当たり前だ。メルケル首相のように国民へ語ってみせてくれないだろうか。
コロナ禍で首相として何をいま、思っているのか。まあないとは思うけど。

まだ、安倍首相の時はたとえパフォーマンスであったとしてもメッセージは発せられて、それが支持につながっていたと思う。安倍政治にはまったく反対の私ではあったけれど、まだ伝わってきていたわ。国民への気持ちってものが。
それが菅首相になって、何もない。このコロナ禍でみんなが不安になっているのにパフォーマンスすらなし。ただ、西村大臣を窓口にして、陰で動いているのか何をやっているのかすら見えず、表情からも何も読み取れない。これが首相とは…。
何も伝わってこないだけに、国民からの信頼がまったくなしで、「政府に殺される」という声すら聞こえてくる始末。

菅首相として「コロナ対策」なにかしないと大変なことになりますよ。

これ、書いているうちに、なんか緊急事態宣言発令するという話が…。

以下私が参考になったツイートと激しく同意したツイート。

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ