スマホゲーム9歳以下のクレジットカード決済で料金請求、相談増加

国民生活センターによると、スマートフォンのオンラインゲームをめぐるトラブルで、

9歳以下の子どもが親に無断でクレジットカード決済をし、料金を請求される事例が

増えているという。2013年度の相談件数5904件のうち約8%を占めた。

Sponsor Link

特に5歳以下の無断クレジット決済の相談が占める割合は、2010年度が1%未満、

だったが、2013年は約2%、2014年度はこの2か月で約4%となり年々増加している。

最年少では、2歳児がカード決済したという事例もあった。カードが使える状態で

スマホを渡された二歳児は、画面をいじっているうちに有料アイテムを購入し、課金されて

しまったという。

【ネタ元 東京新聞2014年6月6日 14時04分 】

 

手つきよく、スマホをさわる子供たち(生まれつきのデジタル世代)が増える中、

大人もゲームをしたら、ログアウトしておくべきだという。

クレジット課金は成人が未承諾の場合、返金されるという民法の

規定があるが、いざ返金となると、オンラインゲームは、複数の会社がからんでいて

返金に対する考え方の差もあり、スムーズに事が運ぶとは限らないという。

 

この子のスマホを触る手つきが…すごい

 

アメリカではゲームではないが、生後14か月(1歳2か月)の女の子が、

スマホで遊んでいるうちに、なんとe-bayオークションで車を落札してしまったという

ケースがあり話題となった。

アメリカポートランド州のソレラ・ストウトちゃんは父親のスマホで遊んでいたら

eBay のアプリが開いてしまい、適当にクリックしたところなんと、

1962年製のボンネットもないボロボロの「オースティン・ヒーリー・スプライト」という

2ドア式のオープンカーを225ドルで落札してしまったというのだ。

父親は、身に覚えのない落札通知が届き、びっくりしたという。

 

 

いまの子どもは、デジタルネイティブなのだそうだ。

 

 

 

 

    

コメントを残す

提供リンクお得情報

薬事承認取得の医療脱毛、施術者も医療免許取得者のレジーナクリニック無料カウンセリング
妊娠前・妊活、妊娠中は安心第一、天然素材100%の無添加葉酸がおススメ
調乳って手間!ママが時短できて安心な赤ちゃん専用ウォーターサーバーがあれば
我が子が小さいとお悩みの親御さんへお子様の成長をサポートするサプリモニター募集中

サブコンテンツ

このページの先頭へ