森会長の失言が波紋

東京五輪組織委員会がウエブサイトに「東京2020大会と男女共同参画(ジェンダーの平等について」という提言を出した。先日の森会長の失言が波紋を呼んでいるからだ。
森会長の「女性は話が長い」から始まって、さらに開き直り会見。見ていてムカッとした。
思っていることがすぐ口に出るタイプだからこそまずいわけでしょ。

いま、多様性が求められる時代にあって、これほど時代とあっていない人(「日本の昭和」的な感覚)の方が会長であるというのはいかがなものかという話。ジェンダーレス、LGBTなど多様性の容認が求められる時代のオリンピックの会長という立場の人の発言としてはお粗末極まりないものだと思う。

そして辞任しないというのはなぜだろう?ボランティアがかなりやめていたりするのだけれど。
上席の人が責任をとるということが、安倍政権時代からまったくなくなってしまった。
上はやりたい放題。まずい部分は部下に押し付ける世の中。そんなんでいいの。

東京五輪は、国立競技場のデザイン問題からはじまって、ロゴ盗作疑惑、招致に関するお金の問題とか…さらにコロナ禍で延期…そして森会長が女性蔑視発言と、もうケチのつきまくりではないか。

東京五輪は政治家がやりたいだけじゃないの。コロナが落ち着かないなかで世界の人を呼ぶなんて危険でしょ。
国民の健康と安全、アスリートの安全を第一に考えたらできないはず。大方の国民が東京五輪はもうないと思っているのに、政治家だけが絶対にやると言う。戦争ですか?

今回の森会長の発言を期に、東京五輪開催の再考をお願いします。

以下私が参考になったツイートと激しく同意したツイート。

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ