横浜市立中3生徒、長崎修学旅行で被爆者へ「死に損ない」暴言の顛末

横浜市立中学校3年生の生徒が5月27日に修学旅行で長崎原爆の爆心地を

訪れた際、案内した被爆者の森口貢さん(77)に対して「死に損ない」」などの暴言を

吐いていたことがわかった。森口さんは、「私は死に損ないではない。一生懸命生きてきた。

大変悲しい」とこの中学に手紙で抗議し、校長が電話で謝罪したという。

Sponsor Link

森口さんによると横浜市の中学3年生の生徒119人が長崎市を訪れ、被爆者で作る

「長崎の証言の会」へ爆心地近くの案内してほしいとの依頼があったため、事務局長の

森口さんが平和公園で同会の趣旨などを説明したところ、一部の生徒が騒いで話を

聞かなかったため注意した。その後約10人くらいの班に分けて爆心地から約700メートルの

山里小へ案内したところ、男子生徒数人が森口さんに「死に損ないのくそじじい」と

罵声を浴びせ、手をたたくなどの行為で森口さんの説明を邪魔した。引率の教師

が注意しても止められなかったという。

 

学校によると、森口さんが私語を続けていた男子生徒に「聞く気がないなら出ていけ」と

何度も叱り生徒が退席させられた。暴言を吐いた男子生徒たちは、「そうしたやり取り

に腹がたった」と話しているという。

校長は「自分たちの発した言葉が森口さんにとってどれぼどつらく悲しい言葉だった

のかを伝え、反省を促していきたい。」と話している。

【ネタ元 毎日新聞6月8日(日)20時5分配信】

 

 

「平和教育の前に子供たちに人を思いやる気持ちを育てていただきたい。」

と森口さんは手紙に書いていたという。

確かに一番身近なテーマの「隣人への思いやり」がなければ、大きなテーマの

「平和」など語ることはできない。

 

本来「思いやり」ということは学校よりむしろ家庭で子供が小さい頃から教えるべき

テーマであると思う。学校は教育の場だが、その子供の「人として」という部分は

家庭での教育にあると思う。

私たち親は人を思いやる気持ちを子どもに教える責任があると思う。

 

 

 

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ