東京都昭和記念公園で小学3年生14人が熱中症?6月19日救急搬送

6月19日午後1時半頃、東京都立川市と昭島市にまたがる国営昭和記念公園に

校外学習に来ていた八王子市立椚田(くぬぎだ)小学校3年生の児童14人が

熱中症のような症状を訴え病院に搬送された。

Sponsor Link

このうち1人の8歳の女児がけいれんを起こすなど重症だという。

児童らは園内の「こどもの森」にある「ふわふわドーム」という空気をいれた遊具で

遊んでいたところ、体調不良を訴えた。

この遊具は室外にあり当時の気温は約28度くらいとみられる。

【ネタ元 朝日新聞デジタル6月19日(木)16時15分配信 】

 

熱中症だろうと思われるということなのだがどういった症状なのだろうか。

 

熱中症の種類にはいろいろあり、熱失神、熱痙攣、熱疲労、熱射病、などがある。

各症状についてはこちらのサイトが詳しいので参考に。

また、熱射病の初期症状としては、

手が冷たくなっている…指の爪を押してピンク色に戻るのに3秒以上かかる…

皮膚がカサカサしてくる…舌がざらざらする…立ちくらみやめまい…唇がしびれる…

大量の発汗…汗がでなくなる…脈が早い…筋肉が痙攣する…

などがあるという。

熱中症の初期症状と応急処置 参照

 

 

 

 

 

    

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ