【まとめ】兵庫県野々村県議の政務調査費疑惑での号泣会見その後

政務活動費の不正使用疑惑について兵庫県議会の野々村竜太郎県議(47)が7月1日に

開いた「号泣」会見が海外でも報道され、話題になっているという。

タイムズ紙(電子版)は、「従来型の深いお辞儀の代わりに、47歳の野々村氏は

すすり泣き、体を震わせ支離滅裂な泣き言を言った」…

ガーディアン紙は同会見の動画再生回数が7月2日午後までに60万回を超えたことを

報道、「小学校にあんな子いた」などというネットユーザーの書き込みを紹介した。

【ネタ元 朝日新聞デジタル 7月3日(木)19時22分配信】

 

政務活動費の報告は6月30日午前9時半に公開が始まった。

問題となっている野々村県議の政務活動費の不透明な交通費の内訳は下記のとおり。

行き先は、JR城崎温泉駅(豊岡市)=106回

JR佐用駅=62回

JR博多駅(福岡市)=16回

東京都内=11回

4月に11日連続で福岡と東京を、6月から7月にかけては12日間連続で

豊岡と佐用を交互に訪れるなどしていた。

本会議など議会登庁日などと重なる日付の訪問はなかったという。

兵庫県議の政務活動費は条例に基づき議員報酬とは別に月額50万円が

支給されているという。

【ネタ元 神戸NEXT 6月30日(月)17時1分配信】

 

号泣会見の様子がお笑い芸人のアンガールズ田中に似ているとお昼の放送で

突っ込まれた田中が県議そっくりのモノマネをするなど物笑いの種になっている。

テレビ的なニュースとはこれのことだろう。ある意味放送事故?

この「号泣会見」の様子はネットで瞬く間に世界中に拡散、野々村県議は一躍ときの人に。

県議だからというわけではなく社会人としてどうなのかっていう問題のレベル。

 

 

 

    

コメントを残す

提供リンクお得情報

薬事承認取得の医療脱毛、施術者も医療免許取得者のレジーナクリニック無料カウンセリング
妊娠前・妊活、妊娠中は安心第一、天然素材100%の無添加葉酸がおススメ
調乳って手間!ママが時短できて安心な赤ちゃん専用ウォーターサーバーがあれば
我が子が小さいとお悩みの親御さんへお子様の成長をサポートするサプリモニター募集中

サブコンテンツ

このページの先頭へ