名古屋地下鉄東山線の金曜日と祝前日終電が延長、全国一遅くまで運転

7月4日(7月5日)、名古屋市交通局は地下鉄東山線の最終電車を約45分遅らせる

取り組みを始めた。名古屋市の中心部の繁華街に近い栄駅では最終電車は

星ヶ丘駅行(藤ヶ丘方面)が午前1時1分に出るなど普段よりも営業時間を延長、

夜が長くなった。

Sponsor Link
この延長運転は、金曜日と祝日前日(土曜日曜を除く)に行う。

全国の地下鉄の中で最も営業時間が長くなった。河村たかし市長も視察で7月5日未明の

星ヶ丘駅行の終電に乗り込んだ。

【ネタ元 毎日新聞7月5日(土)1時43分配信 】

 

名古屋の中心部を通る地下鉄東山線の終電が日本一遅くなったというニュース。

金曜日と祝日の前日は延長日となり、名古屋駅発東山線の最終は、

藤ヶ丘方面が0時55分(最終は星ヶ丘まで)、

高畑方面(最終は岩塚まで)が1時5分である。

栄駅発東山線最終は、藤ヶ丘方面が1時1分、(最終は星ヶ丘まで)、

高畑方面(最終は岩塚まで)が1時1分となっている。

地下鉄東山線終電時刻表を見る

 

私には終電はあまり関係ないけれど、名古屋の金曜日の夜は長くなりそう…

名古屋頑張ってる~♪

 

 

    

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ