岐阜県飛騨山中マイマイガの幼虫大量死はゾンビウイルスによるもの?

昨年から岐阜県飛騨山中を中心に大量発生しているマイマイガが現在、別名「ゾンビウイルス」

と呼ばれるバキュロウイルス科ウイルスに集団感染し、その大量死がよく目撃されているという。

Sponsor Link

***********************************************************************

高圧電線の鉄塔点検を日常業務として行っている白川村在住の木下則由紀さんは6月中旬ごろから、飛騨市と大野郡白川村の境界上にある天生峠付近の山中で異様な光景を目の当たりにするようになったという。

 「何百匹というマイマイガ幼虫の集団が、木の幹に皆同じかっこうで垂れ下がっていた。これまでの経験上、こんな光景は明らかにおかしいと思い気になって近くで観察してみたら、皆一様に頭を下に向けだらんと伸びきっており、死んだように動かない。よく見ると、『へ』の字形の同じかっこうで干からびて完全に死んでいるヤツもたくさんいた。家に帰りネットで調べた結果、ゾンビウイルスに集団感染したに違いないと確信した」と話す。

 木下さんによると、最初の目撃から日に日にその範囲は広がっており、今では標高1500メートルの山頂付近にまで達しているという。「何兆何億匹いやもっとたくさん、相当な規模に広がっている。ここ最近は、山のふもとの住宅地でも同じ光景を見かけるようになった」と話す。

みんなの経済ネットワークより引用…閲覧注意虫嫌いの方はリンククリックしないでください。

***********************************************************************

マイマイガはドクガ科の外来生物の蛾である。この蛾の幼虫がかかったゾンビウイルスとは?

バキュロウイルス科ウイルスという名前で、感染した宿主はウイルス飽和状態になるまで

エサを捕食し続けた後、脱力状態となり、果てはウイルスを含んだ体液を周囲に

まき散らしながら死に絶える。

このウイルスは節足動物にしか感染しないらしい。

【ネタ元 みんなの経済新聞ネットワーク 7月7日(月)23時58分配信】

 

節足動物にしか感染しないというウイルスだというが、別名でもゾンビなんて名前で

呼ばれるウイルスが実在するとは驚きだった…なので掲載。

感染した個体はが体力がなくなるまで餌を食べ、脱力状態になった

最期はウイルスを含んだ体液をまき散らす!キャー気持ち悪い。

マイマイガ自体は外来生物で駆除に困っていたというからこれで収束に向かいそうなのだが、

ゾンビウイルスなどどいう物騒なものに感染とは…鳥がウイルス感染したマイマイガを食べても

そのウイルスに感染するということはないのだろうか?

 

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ