「ちゃれんじ」などベネッセ顧客情報国内最大級2070万件漏えいか?

7月9日、ベネッセホールディングスは、グループ会社が提供する通信教育サービス

「進研ゼミ」「こどもちゃれんじ」などの顧客情報約760万件が漏えいしたと発表した。

Sponsor Link

これまでに漏えいが確認されたのは、傘下の子会社であるベネッセコーポレーションの

運営する「進研ゼミ」や「こどもちゃれんじチャレンジ」を利用する子供や保護者の名前や

住所、電話番号、子供の生年月日、性別といった個人情報で、外部漏えいが確認されて

いるものだけで760万件、データーベースに保管されているものがすべて

流出したとすると最大で2070万件に上る可能性がある。

7月9日、警視庁は不正競争防止法違反の疑いで捜査を始めた。

また経済産業省は個人情報保護法に基づく報告を7月10日に求めることを明らかにした。

【 ネタ元 共同通信 2014/07/10 01:28 】

 

個人情報が漏れていることが発覚したのは、6月下旬以降、別の通信教育を

運営しているIT事業者から届いたダイレクトメールにベネッセにしか登録してないはずの

個人情報が含まれていると問い合わせが殺到したため。

社内調査の結果、社員ではない人物によってデータベースから情報が持ち出された

ことが判明したという。

ベネッセへの問い合わせは、0120-924721(午前10時~午後8時)まで。

【ネタ元 FNN7月10日(木)6時23分配信】

 

子どもが小学校に上がる前、幼稚園の頃から「こどもちゃれんじ」の勧誘が一斉に届く。

そして小学校入学間際では「〇〇小学校では何人のお子さまがちゃれんじを

始めています」というDMが届いた。

ベネッセコーポレーションの基盤となるのはこうしたDMを送る顧客情報と既存の顧客

情報である。このデータベースがハッキングではなく盗まれたいうのだが。

どういうことなのだろう。

情報漏えい事件としては国内最大になると思われるという。

どこにどう漏れたのだろうか。今後を見守りたい。

 

 

 

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ