福島を切り捨てる安倍首相、チェルノブイリ事故に3.5億円の無償支援

7月10日、日本政府はウクライナに対し、チェルノブイリ原発事故の医療支援として

3億5000万円の無償資金協力を実施することを決め、首都キエフで署名式を

行った。

Sponsor Link

今回の無償資金協力は、安倍首相が今年3月にハーグでの先進七か国首脳会議

(G’7)で表明した最大1500億円の対ウクライナ支援の第一弾だという。

医療・研究機関に機器購入資金を供与して被災者支援に充てるという。

【時事通信 7月10日(木)22時3分配信 】

 

なにこれ!本当に日本は何様のつもりなのだろうか。自分の台所が火事でまだ火さえ

消えていない状態だというのに、過去に火事を起こしたよそ様の家に首をつっこみ

「火事でケガをした人に使ってください。」とお金を渡したということである。

どう考えてもおかしいでしょ!

百歩譲ってすごいお金持ちだったとしたらそんなこともあるかもしれない。同じ

境遇にある過去に火事を起こした友人にもお金をあげるって。

でも日本は見かけ倒しの国。日本の借金は988兆円超えである。

桁が多すぎてわからないけど、財務省の出している我が国の財政の現状を

イメージで書いたものを見ると、30万円のお給料の家庭で毎月53万円を使用。

利息も含めると毎月23万円の赤字を借金で埋めているので年度末の借金の総額は

5143万円になるという。自分の年収が360万なのに借金は5000万越えということで

ある。どう考えても返せる金額ではないことくらいわかる。

そんな借金の上に火事も消えていない家の人がよそ様の火事の後始末にお金を渡す

とは…有り得ない行為だと私は思う。

海外に目をやる前に自国の原発事故をなんとかしたら!

どうするの、福島第一原発の頼みの綱の凍土による遮水壁工事も頓挫しているようだし。

これから本当にどうするのか。早く自分の家の火事を消さないと、よそ様のことに口を出している

暇はない。首相の頭の中では昨年のオリンピック招致のIOC総会での発言の通り

福島は切り捨てられているらしい。

 

「東京は福島から250キロ離れています。………」

「東京は世界で最も安全な都市の一つです。それは今でも、2020年でも一緒です。

フクシマについて案じる向きには、私が皆さんにお約束します。

状況はコントロールされています。東京には、いかなるダメージもこれまで与えたことは

なく、今後も与えることはありません。」(訳:『毎日新聞』9月8日付)

「汚染水は福島第一原発の0.3平方キロメートルの港湾内に完全にブロックされている。」

とも言い切った。福島の人はもっと怒れ!東京に福島の土地を使って電力供給していたのに

地震で原発が爆発したら福島は東京の負担でしかないみたいな言い草なのだ。

私は「福島Happy」などと言っている場合ではないと思うが…

そして世界についた大嘘は福島第一原発事故がもう収束したという発言、「状況は

完全にコントロールされています」というもの。

 

3年で子どもの甲状腺がんがものすごい勢いで増えていることも、デブリからの

高濃度放射能汚染水の海への流出を防ぐべく氷の壁を作るという計画は現在頓挫

しているということや福島第一原発からの放射能汚染水流出が全くとまらないということ。

全く状況はコントロールされていないのである。

 

メディアはくだらない議員の吠える声を垂れ流す前にもっと重要なことを報道しろと

言いたい。

 

    

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ