【要拡散】安倍政権がNHKを恫喝という暴挙をフライデーがスクープ

7月11日発売のフライデーに、安倍政権のこれでもかというようなひどさを露呈する記事が

出たという。拡散の必要があるので掲載。

Sponsor Link

下記は天木直人さんの記事より

**********************************************************************

7月3日に生放送されたNHKの「クローズアップ現代」に、菅義偉官房長官が出演して集団的自衛権行使容認の閣議決定につい

て宣伝しようとしたところ、国谷裕子(くにやひろこ)キャスターが、「他国の戦争に巻き込まれるのではないか」、「憲法の解釈を変えていいのか」と質問した。それに対して、番組が終わった後で、「誰が中心になってこんな番組をつくったのか」、「誰が国谷にこんな質問をさせたのか」、と安倍官邸が恫喝し、犯人さがしをしたと言うのだ。

安倍官邸の恫喝には驚かされるが、もっと驚いたのはNHKの対応である。

籾井会長以下、上層部は平身低頭し、国谷キャスターは「すみません」と泣き出したという。

こんな恥ずべき恫喝をまだ安倍官邸はNHKに対して行っていたのだ。

こんな恥ずべき全面服従を、いまでもNHKは安倍官邸にしていたのだ。

**********************************************************************

やはり安倍晋三という人物は日本の「総統閣下」になろうとしていると思わざるを得ない。

憲法の解釈を捻じ曲げて、「集団的自衛権の行使容認」というわかりにくい言葉で

勝手に閣議決定してしまった。

実は自衛隊が戦場へ赴く可能性、戦争に参加することを可能にしたのではないのかと

誰もが不安に思っていることだ。いままで慎重に守ってきたはずの平和憲法に穴を

開けてしまった。集団的自衛権の行使は違憲であると法曹界も述べている。

 

これだけの大きな問題を勝手に議会という枠だけの数の論理で何の説明もなく通して

しまった安倍内閣の強引な手法というのは一昔前の軍国主義に共通するような

暴挙であると思う。私の周りには「集団的自衛権」に賛成する人はほとんどいない。

もちろん、すべての人に聞けるわけもないのでこういったあいまいな言い方では

何も伝わらないし反論にならないことはわかっている。

しかし、自分の周りの大概の人が反対だと言っている「集団的自衛権」がなぜ国会で

よく議論もされないままこそこそと閣議決定されたのか。

いったい誰がこの法案を通したかったのか。閣議決定を急いで行った安倍晋三という

人は独裁者にでもなろうとするかのようで恐ろしい。

憲法を変えるときは国民投票しなくてはならないということを学校で教わった。

ざっくり言うと、結局国民投票もせず、日本も戦争に参加することができる

決定したようなものだと思う。

 

だからNHKの国谷アナウンサーが国民のいま不安に思っていること

「他国の戦争に巻き込まれるのではないか」

「憲法の解釈を変えていいのか」

と質問したのである。報道する側として当たり前のことである。

しかしNHK(一部板では犬HKと呼ばれている)がとんでもない首相のクレームに

平身低頭したというのだから腹が立つ。

安倍首相の暴挙に暴挙を重ねる姿に独裁者という名前をつけたくなる今日この頃、

天木直人さんの記事が拡散することを切に願う。

 

 

 

 

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ