数学オリンピックで日本代表高校生4人、生物五輪で1人が金メダル

7月12日、文部科学省は南アフリカで開催された第55回国際数学オリンピックで

日本代表の高校生4人が金メダル、銀メダルが1人、銅メダルが1人に輝いたと

発表した。

Sponsor Link

またインドネシアで開催された第25回国際生物オリンピックでは金メダル1人、

銀メダルに3人が輝いた。

<数学>

金メダル獲得者  早稲田高(東京都)3年 上苙(うえおろ)隆宏さん(17)

         筑波大付属駒場高(東京都)3年  隈部壮さん(17)

         洛星高(京都府)3年 早川知志(さとし)さん(18)

         東海高(愛知県)3年 山本悠時さん(17)

銀メダル獲得者  筑波大付属駒場高《東京都)3年 大場亮俊さん(18)

銅メダル獲得者  開成高(東京都)1年 井上卓哉さん(16)

 

<生物>

金メダル獲得者 静岡県立浜松北高3年 那須田桂(けい)さん(17)

銀メダル獲得者 筑波大付属駒場高3年 石田秀さん(17)

        筑波大付属駒場高3年 今野直輝さん(16)

        広島学院高3年 蔵田展洋さん(18)

【ネタ元 毎日新聞7月13日(日)3時0分配信】

 

今年1月、東京大学は2016年度入試から初の推薦枠を設けることを発表した。

東大によると、推薦枠は各高校男女1人ずつの計2人(男子校、女子校は各1人)

入試は学部ごとに実施し、定員は計100人。

内訳は、工学部が30人、法学部、経済学部、文学部、理学部、農学部が各10人

教養学部、薬学部、教育学部、医学部 各5人

1次選考の書類審査(11月)では、高校の成績に加えて留学経験や

国際科学五輪での成績、TOEFLや英検の英語能力試験の点数

ボランティア活動などが対象だという。

【ネタ元 毎日新聞 2014年01月29日 23時23分】

 

2016年度入試からの東大初の推薦枠にも今回の国際的な頭脳オリンピックの項目が

あるようだ。グローバルに活躍できる、頭脳明晰で優秀な人材が欲しいということだろう。

兎に角、国際オリンピックの日本代表として世界で好成績をおさめるような

スーパー高校生が今後日本の頭脳となって社会をけん引してくれるであろうと

期待する。頭脳明晰にリーダーシップが加われば怖いものなしだよね。

素晴らしい♪おめでとうございます♪

 

 

 

    

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ