【続報】岡山県倉敷市小5女児無事保護、岡山市内の49歳男を逮捕

 

7月19日午後10時20分頃、岡山県警は、7月14日午後4時過ぎごろから行方が

わからなくなっていた倉敷市の小学5年生の女児を無事保護した。

Sponsor Link

女児は岡山市北区樽津の無職、藤原武容疑者(49)宅で発見されたため、

藤原容疑者を現行犯逮捕した。藤原容疑者は女児連れ去り、監禁の事実を

認めているという。

県警によると、行方不明の女児の母親が5,6月に目撃した不審車両の特徴や

覚えていたナンバーの一部分などから岡山ナンバーで銀色のトヨタ ヴィッツに

乗っている藤原容疑者が浮上。7月19日、家宅捜査令状をとって踏み込んだところ

1階の洋間でテレビを見ていた女児を発見し無事保護したという。

今後事件の動機や経緯などを詳しく捜査する。

【ネタ元 毎日新聞 7月20日(日)1時12分配信 】

 

無事保護されて本当によかった。

警察が踏み込んだとき、女の子は1階の洋間でパジャマを着てテレビを見ていて、

「なに」、「なに」と驚いた様子であったらしい。

テレビで取り上げられている自分のニュースは見なかっただろうか。

母親が不審車両のナンバーを少しだけでも覚えていたことから容疑者が浮上し

その家に踏み込むことができた。もし、警察が動くことができなければ、

このままずーっと女の子はこの男の家から出なかっただろうか。

普通、連れ去りについては子どもに気を付けるように声掛けをしているが、

連れ去られた後のことはどうしたらいいかなど話していない。

今年に入ってから連れ去られたと報道された女児については、数日を

容疑者宅で過ごした後、警察に保護されている。

こういった緊急時に子どもの状況判断というのは大人が考える状況判断とは

異なっているのかもしれないことを親も頭に入れておくべきかもしれない。

 

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ