「集団的自衛権の行使容認」の閣議決定は暴挙と憲法学者157人声明

8月4日、157人の憲法学者が、集団的自衛権行使容認の閣議決定に抗議し、

「『行使は憲法違反』として積み重ねられてきた政府見解を、国会審議や国民的議論もなく

一内閣の判断で覆す暴挙だ」として撤回を求める声明を連名で発表した。

Sponsor Link

声明の呼び掛け人は、奥平康弘東大名誉教授や小澤隆一東京慈恵会医科大教授など

28人で、樋口洋一東大名誉教授ら129人の憲法学者が賛同した。

会見で小澤教授らは、憲法学者の中に閣議決定への批判が広がっていることを強調した。

賛同人の一人の石川裕一郎・聖学院大准教授は「今まで社会に向けた運動に関わって

こなかったが、今回は違う」と語ったという。

【ネタ元 共同通信2014/08/04 18:59  毎日新聞 8月4日(月)19時48分配信 】

 

憲法の学者たちが声を上げるくらいおかしい「集団的自衛権の行使容認」の閣議決定。

そう、まさにこれは安倍内閣の「暴挙」なのである。この言葉があまりにも

ピッタリとしていて…!歴代内閣も躊躇してきた憲法違反に変な解釈をつけて

閣議決定したこと、憲法の学者さえおかしいというのに…許されざる暴挙なのである。

先生たちの声に聞く耳を持って欲しい。

 

 

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ