エジソンのような不登校の天才児を募集、ROCKETプロジェクト

 

突出した才能を持ちながら、学校生活になじめず不登校になっている子供の中から

日本をリードする人材に育てる「異才発掘プロジェクト」=ROCKET※に東京大学先端

科学技術研究センターと日本財団が乗り出す。日本財団は5年で5億円の運営資金を

積み立てる。

※ROCKET:Room Of Children with Kokorozashi and Extraordinary Talents

 

Sponsor Link

突出した才能の持ち主は、コミュニケーションが苦手だったり、学校の授業には

あまり興味がなかったり、不登校になるケースがある。

エジソンのような子どもの興味と探求心を満たし、その子の長所を伸ばすことがこの

プロジェクトROCKETの目的である。

小学3年生から中学3年生までを対象として公募し、書類選考、面接で毎年10名ほどを

選抜、東大先端科学技術研究センター内に活動スペースを設け特別授業を行う。

また、オンラインで専門家が質問に答えるなど個別指導することも決まっている。

その他、選抜には入れなくても100人には教材などを提供する。

今年4月発表時の計画では5月に募集開始し、7月に選抜決定の予定であったが、

問い合わせが500件以上入り、反響が大きかったため、東京ではさらに8月末に説明会

を開くことにし、5都市でさらに追加説明会を行い、実際の募集開始も9月からとした

という。

今後の説明会は、8月9日に札幌市、8月23日に福岡市、8月29日に東京都目黒区で

開催予定。いずれも先着順である。

【ネタ元 時事通信8月6日(水)15時13分配信 】

 

学校の勉強について行けないというのではなく、エジソンのような天才型の子どもたちが

不登校になっている場合があるという。

いままでは、学校の枠に収まらないその存在は放置されていた。

「勉強ができすぎて学校の勉強が面白くない」「自分の興味のあることと学校の勉強が

違いすぎる」「授業が中断するほど先生を質問攻めにしてしまう」などで学校に適応できず

不登校になった子どもたちである。

学校の枠組みには当てはまらないが天才的な才能を持つ子供たちにスポットをあてることで

いままで放置されていた日本の頭脳を育てようというのが目的のようである。

日本の社会もみんなと一緒でなくては「変わっている」という言葉で片づけられた時代から

少し脱皮して、個性を重視する時代になってきたようだ。

一人一人は、「世界にひとつだけの花」、「みんな違ってみんないい」のだから。

 

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ