朝日新聞「吉田調書」記事間違いを謝罪会見、安倍首相とメディア癒着

9月11日、朝日新聞社の木村伊量社長と編集担当の杉浦信之取締役らが

記者会見し、福島第一原発元所長の証言、「吉田調書」について誤った記事を

出していたことを認め謝罪した。

Sponsor Link

また社長及び編集担当取締役の進退問題にも言及したという。

朝日新聞社は今年5月20日の朝刊で、昨日まで公開されていなかった

「吉田調書」を独占入手したとして掲載した記事の中で、福島第一原発事故

当時、(2011年3月15日)「第一原発にいた所員の9割にあたる約650人が

吉田氏の待機命令に違反し、10キロ南にある福島第二原発へ撤退していた」

と報じていた。

これについて木村社長は、「『吉田調書』の評価を誤り、多くの所員がその場から

逃げ出したような印象を与える間違った記事だと判断した」と訂正し、謝罪した。

 

また、「従軍慰安婦として女性を強制連行した」とする男性の証言に

基づく記事を先月、取り消したことについても「誤った記事を掲載したこと、

そして、その訂正が遅きに失したことについて、読者の皆様に

おわび申しあげます」と謝罪した。

【ネタ元 NHK NEWS WEB9月12日 1時35分 】

 

今年に入ってから朝日新聞が2度も記事を取り消すという前代未聞の事態に

なっている。どちらの記事も世界的に報道されてしまった。

吉田調書で朝日が「ほとんどが逃げ出した」と報道したため、韓国では

日本もセウォル号の船員と同じだったではないかと報道されたというから

腹が立つ。日本を代表する新聞社なのだからもっと記事を精査して出して

もらいたい。朝日新聞に読者が求めていることは、世界に向けて誤った記事を

発信することではなく、政府に迎合することなく政府の動向に切り込むような

記事である。

 

安倍総理はメディアとの会食を頻繁に繰り返しているという。

安倍首相とメディアの会食(最新版2014.8.17)  ←こちらが詳細をのせたサイト

読売新聞社と産経新聞社、フジテレビは大のお気に入り。

これでは政治に物申す言論というのはなくなってしまうのではないかと思う。

朝日新聞には、独自の立場で政治に迎合しない公正なメディアであって

欲しいと願っている。

 

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ