9月14日福島第一原発の異常について何も報道がされない件

9月14日、各地の放射線量を図る為に文科省が設置した全国3000の

モニタリングポストのデータをリアルタイムで収集し、見張るシステム、

ベク丸チェッカー」の値が一か所の異常値を計測したという。

Sponsor Link

以下はベク丸くんのTwitter(ベク丸チェッカー)

2014-09-14 14:20:00に[福島:相双]-[南相馬市]-[鶴谷生活改善センター]で急上昇を確認しました3.936μSv/h (通常平均0.096μSv/h) http://radioactivity.nsr.go.jp/map/ja/ 

https://twitter.com/BqMaruMP/status/511025306962907136

 

2014-09-14 14:30:00に[福島:相双]-[南相馬市]-[鶴谷生活改善センター]で急上昇を確認しました59.013μSv/h (通常平均0.096μSv/h) http://radioactivity.nsr.go.jp/map/ja/ 

https://twitter.com/BqMaruMP/status/511027822744190977 

 

福島県南相馬市の鶴谷生活改善センターにあるモニタリングポストの値が

急上昇し、午後2時30分頃には通常の600倍超の放射線量値が出ていた。

いったい何があったのだろう。

9月14日福島第一原発に異変があったことが別のツイッターでわかる。

朝5時頃

https://twitter.com/crossrephard/status/511188301412196352

朝7時頃

https://twitter.com/ST0NES/status/511182332112293888/photo/1

 

Youtubeにアップされた9月14日福島第一原発の異変動画

 

なぜこんなことがまったくメディアで報道されないのだろう。何が起こったのか真実を

知りたいと思うのだが、ネットだけで情報が錯そうしている。

なぜ福島第一原発事故についての報道がほとんどなくなってしまったのか。

吉田調書にしても朝日新聞社の追及だけに終わり、検証などは一切されていない

ような気がするのだが。何か問題がすり替えられてはいないだろうか。

福島第一原発事故後3年を過ぎ、人々の記憶からまるで原発事故がなかったかの

ようにメディアを統制して仕向けることに政府は成功したかのように思える。

たったいま、福島第一原発で何が起こっているかだんまりを決め込む政府、メディアの

その不自然さこそが恐ろしい。

 

    

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ