北海道南幌町、母と祖母殺害で17歳高校2年の女子生徒緊急逮捕

北海道南幌町の住宅でその家に住む47歳と71歳の女性2人の遺体が見つかり、

北海道栗山署は殺人の疑いで47歳の被害者の三女で17歳の女子高校生を

緊急逮捕した。

Sponsor Link

逮捕容疑は9月30日夜から10月1日未明、自宅で祖母と事務員をしている母親

を包丁で切り付けるなどして殺害した疑い。

2人は1階と2階の部屋にそれぞれ倒れており、室内には荒らされたような形跡が

あったという。

祖母(71)、母(47)、会社員の長女(23)と三女の4人暮らしだった。会社員の長女が

仕事から1日の午前2時半ごろ帰って来たところ、祖母が2階寝室、母が1階寝室で

それぞれ血を流して倒れているのを発見し、110番通報した。

捜査関係者によると、三女は当初、「同じ敷地内の別棟で寝ていて、物音などは

聞こえなかった」と説明していたが、その後犯行を認めだしたという。

凶器とみられる包丁は三女の供述通り、自宅から約4・5キロ離れた南幌町内の公園

で見つかった。

高校の教頭によると、3女は9月30日は午前中試験を受けて帰宅した。

昨春に入学し、テニス部に所属していた。1年生の秋ごろから生徒会活動に熱心に

取り組むようになり、今月中旬には生徒会長に就任する予定だったという。

「明るく、信頼される生徒だった。驚いている」

 

近所からは、「家庭のしつけが厳しい」と心配する声もあったという。

【ネタ元 どうしんWEB10/01 16:23、10/02 02:13 更新

朝日新聞デジタル10月2日(木)5時10分配信 

 

何が起こったのかわからないのだが、不可解な事件である。

「しつけが厳しい」とはどのような状況だったのだろうか。

この記事では不明だが、荒らされた室内とか異様に遅い長女の帰宅とか

これもまた謎の事件。

 

 

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ