大阪市難波、一歳児マンション窓から転落で死亡事故 窓際に子供用机

10月18日午前10時頃、大阪市浪速区難波中3のマンション3階の窓から

1歳8ヶ月の男児が約8メートル下の路上に転落し、死亡する事故があった。

通行人が男児が窓枠にぶら下がった後落ちるのを目撃しており、

大阪府警浪速署では誤って転落したものとみている。

Sponsor Link

落ちたリビングの窓は、床から80㎝の高さがあるが、窓の下に高さ30㎝の

子供用テーブルが置かれていたという。

父親は外出中で母親は隣の部屋に居た。

【ネタ元 毎日新聞 2014年10月18日 22時37分(最終更新 10月18日 23時25分)】

 

ベランダから転落する事故というのは多いが窓からも転落する場合だって

あるということだ。家の中で転落ということだってある。

子供から目を離さないのが一番だとは思うが、家の中に子どもの足をかけそうな

家具や置物がないかチェックするしか方法はない。

うちの子供も1歳4か月くらいのとき、高さ50㎝くらいの木製の長椅子に立ち上がり

あっと思った時には後ろに倒れて後頭部を打撲した。外傷はなかったが、

後頭部なので心配で、病院にも連れて行った。幸い事なきを得たが

ヒヤッとした。子どもは頭が重たいし、よじ登るという行為が大好きなので

本当に目を離してはいけない。

子供が足をかける「足がかり」は身長にもよるが、65㎝

までのものが多いという。逆に高さ65㎝と超えると足をかけにくいらしい。

参考:http://allabout.co.jp/gm/gc/44789/3/

子供の事故は親の不注意から起こるのだと思う。

 

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ