【エボラ】日本の対策 検疫所西アフリカ渡航者に朝夕電話報告義務付け

10月21日、厚生労働省は日本へのエボラ出血熱の水際対策として、

西アフリカの3か国に滞在した人に対して、患者との接触がなくても

入国後21日間は体温、体調の変化がないかを1日2回(朝、夕)

電話で検疫所に報告することを義務付けると通知した。通知は即日発効。

Sponsor Link

外国人も含め、ギニア、リベリア、シオラレオネの3か国に滞在したことがある人は、

検疫所に連絡先を知らせた上での報告が必要となった。

【ネタ元 共同通信2014/10/21 21:17

 

10月21日、フランス政府はエボラ出血熱の初期の患者に対して

ギニアの病院で11月、富士フィルムグループ会社が開発した

「アビガン」の臨床試験を実施することを発表した。

【ネタ元 読売新聞10月21日(火)22時13分】

 

日本のエボラ出血熱対策が本格化してきた模様。

それでもいつかは入ってくるだろうと思われる

エボラ出血熱ウイルス。

富山薬品工業のアビガンが「エボラに効く薬」となれば、

少しは安心できる。ちなみにアビガン錠は日本では条件付の

認可であり、販売されていないためいまのところ購入できない。

 

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

“【エボラ】日本の対策 検疫所西アフリカ渡航者に朝夕電話報告義務付け” への1件のフィードバック

  1. 告発者 より:

    秘密裏に進められている倫理的問題が絡む国家プロジェクト。
    公安警察が絡む国家犯罪と人体実験。
    京都祇園の癲癇事故と公安警察の繋がり。
    女性皇族をなのり男遊びを行う者の実態。
    国家犯罪が露呈しました。
    国家犯罪を告発します。
    http://anago.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1410917176/

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ