大沢樹生さん、DNA鑑定で16歳長男の「父性確率0%」という衝撃の結果について

最近DNA鑑定が話題になっている。

元光GENJIの大沢樹生さんは喜多嶋舞さんとの間に生まれた

現在16歳になる男の子と血のつながりがないことが

判明したという。

えーどういうこと???

Sponsor Link

**************************************************

元「光GENJI」メンバーの大沢樹生さん(44)と女優の喜多嶋舞さん(41)との間に生まれた16歳になる長男が、大沢さんと血縁関係がなかったと2013年12月24日発売の週刊誌「週刊女性」が報じた。

大沢さんがDNA検査を行ったところ、「父性確率0%」という衝撃の結果が出たのだという。テレビ番組の取材に対しても、大沢さんは検査結果について「事実」だと認めている。

大沢さんはジャニーズ事務所所属のアイドルグループ「光GENJI」のメンバーとして87年にデビューした。94年に事務所を離れてからは俳優やソロ歌手として芸能活動を続け、96年6月、女優の喜多嶋舞さんと結婚。喜多嶋さんはすでに妊娠3か月で、翌年1月には長男が誕生した。ところが性格の不一致などを理由に、05年9月、結婚生活にピリオドを打つこととなった。

離婚当時、長男の親権は母親の喜多嶋さんが持ったのだが、小学校を転校させたくないという理由で長男は大沢さんの家で暮らしていた。その後、07年に喜多嶋さんが一般男性と再婚したため、親権も大沢さんに移った。シングルファザーとして一人息子を育て上げ、08年に一般女性と再婚して以降は3人で暮らしてきた。

大沢さんは08年に自伝本を発表し、熱の入った子育てエピソードとともに、息子が感音性難聴の障害を抱えていることを告白して注目を集めた。ブログでも、一緒に渋谷で買い物をしたことや、ラーメンを食べにいったこと、息子がバイトで稼いだお金を誕生日にプレゼントしてくれたことなど、微笑ましいエピソードを何度も紹介している。「アメとムチを使い分けて育ててきた」そうで、来年1月に17歳の誕生日を迎える息子を、大沢さんなりに懸命に育ててきたようだ。
■「アメとムチを使い分けて育ててきた」のだが…

大沢さんはジャニーズ事務所所属のアイドルグループ「光GENJI」のメンバーとして87年にデビューした。94年に事務所を離れてからは俳優やソロ歌手として芸能活動を続け、96年6月、女優の喜多嶋舞さんと結婚。喜多嶋さんはすでに妊娠3か月で、翌年1月には長男が誕生した。ところが性格の不一致などを理由に、05年9月、結婚生活にピリオドを打つこととなった。

離婚当時、長男の親権は母親の喜多嶋さんが持ったのだが、小学校を転校させたくないという理由で長男は大沢さんの家で暮らしていた。その後、07年に喜多嶋さんが一般男性と再婚したため、親権も大沢さんに移った。シングルファザーとして一人息子を育て上げ、08年に一般女性と再婚して以降は3人で暮らしてきた。

大沢さんは08年に自伝本を発表し、熱の入った子育てエピソードとともに、息子が感音性難聴の障害を抱えていることを告白して注目を集めた。ブログでも、一緒に渋谷で買い物をしたことや、ラーメンを食べにいったこと、息子がバイトで稼いだお金を誕生日にプレゼントしてくれたことなど、微笑ましいエピソードを何度も紹介している。「アメとムチを使い分けて育ててきた」そうで、来年1月に17歳の誕生日を迎える息子を、大沢さんなりに懸命に育ててきたようだ。

喜多嶋さんとは連絡を取っていない

親子関係は悪くなかったように見えるが、12年10月には息子が「週刊文春」で大沢さんと喜多嶋さんから受けたという壮絶な虐待を告白した。これを受け、大沢さんはブログで虐待を完全否定した。息子は乳児期の長期入院・手術により心的外傷後遺症を患ったため、「客観的事実と大きく異なる認知及び言動」の症状があると明かし、「息子と過ごして来た15年間が心の中で音を立てて崩れる思いがしました」と心境を綴っていた。

週刊女性は、そうした息子の心の病に加えて「自分との気質や性格、体格の違いも引っかかっていた」こと、現妻との間に授かった赤ちゃんが同じ年の5月に死産したことから、大沢さんが「何か自分のDNAに問題があるのかもしれない」という思いに至り、DNA検査をしたようだと伝えた。そして今年2月に息子とDNA検査を受けたところ、1か月後に海外の専門検査機関から「父性確率0%」という結果が届いたというのだ。

検査までの経緯については、本人の口から語られたわけではないため定かではないが、DNA検査の結果については大沢さん本人も事実だと認めている。24日の「とくダネ!」(フジテレビ系)では、23日夕方の直撃取材の一部始終が放送された。大沢さんは「事実は事実なんですが、私もどういう結果であれ息子を守る務めと義務がありますから」とコメント。喜多嶋さんとのことを尋ねられると、互いに新しい家庭を築いているため「お会いもしないし、連絡もとってはいないですね」と話した。多くを語ることはなく、深刻な表情で「もうすみません、ほんと、こんな感じなんで…」と終えた。なお、報道によると親権はひとまず喜多嶋さんに移り、現在は弁護士を入れて話し合っているという最中だという。

J-CASTニュース 12月24日より引用

********************************************************

以下は昨年問題になった虐待報道について。

 

********************************************************

俳優の大沢樹生さんが長男を虐待していたと、週刊誌が報じた。長男自らの告白で、「パパに日本刀を突きつけられた」など非常に衝撃的な内容だ。

これに対し大沢さんはブログで、報道内容を完全否定した。長男は心療内科で治療を受けていたが、最近は本人が事実と異なる言動をエスカレートさせていたと明かしている。

長男は、大沢さんが2005年に離婚した女優の喜多嶋舞さんとの間に生まれた。「週刊文春」2012年10月4日号の記事によると、長男は幼いころ、母親の喜多嶋さんから「ボコボコにされる毎日を過ごしていました」と告白した。勉強で間違えたり、弁当を食べ残したりするたびに殴られ、風呂の浴槽に張った水に顔を何度も沈められたといい、何とも驚くべき話だ。

両親の離婚後、父親の大沢さんと暮らすことになった長男だが、次第に大沢さんからも暴力を受けるようになり、警察に駆け込んだこともあったそうだ。大沢さんが2008年に再婚した後も「虐待」は続く。「お前がいると家族が壊れる」と暴言を吐かれて「死にたいと思ったことは何度もある」。

長男が週刊文春に「告発」したのは、アルバイトから帰宅する際に門限に遅れたことによるある出来事がきっかけとなった。玄関で大沢さんが無言で長男を蹴り飛ばし、殴られ続けた挙句に日本刀を喉に突きつけられ「これ引いたら死ぬぞ」とまで言われた。家出した心境について「もう二度とあの家に戻らない方がいい……戻ったら、僕がパパに殺されるか、今はかないませんが、僕がパパを殺すのか」と語っている。

あまりにもショッキングで、容易には信じられない話の連続だ。大沢さんの現在の妻は文春の取材に、長男が語ったような虐待はないと否定。前妻の喜多嶋さんも、長男を殴ったり浴槽に顔を押し付けたりしたことなどないと断言し、息子を案じて涙を浮かべたという。

J-CASTニュース 2012年9月29日より引用

*******************************************************

喜多嶋舞のコメント全文

「このたびはこのような私的なことでお騒がせしてしまったことを大変心苦しく思っております。

この件に関しましては16歳の少年を巻き込むものであり、なぜ今このようなことが突然書かれるのか非常に憤りを感じております。

以前に親権を渡してしまったことを後悔しておりましたが、本年9月17日に再度調停を行い、無事親権を取り戻しました。

アメリカで生活したいという本人の希望により、祖父母のもとで新しい生活をスタートさせたばかりであり、新天地で明るく夢と希望に燃えた生活をしています。

これ以上、一般の未成年者に過ぎない息子を傷つけるような報道がなされないことを切に願います 喜多嶋舞」

 

**************************************************

*光GENJIの俳優、大沢樹生(44)と女優、喜多嶋舞(41)元夫妻の長男(16)が、大沢の実子ではなかったことが週刊誌報道で発覚したことを受けて、喜多嶋が24日、所属事務所を通じ文書で「私的なことでお騒がせして大変心苦しく思っております。少年を巻き込んだ報道に非常に憤りを感じております」と胸中を吐露した。

さらに、「親権を(大沢に)渡したことを後悔しておりましたが、本年9月17日に再度調停を行い無事親権を取り戻しました」と説明。長男は現在、米国に住む喜多嶋の両親と生活を始めたとしているが、本当の父親についてはふれていない。

大沢と喜多嶋は1996年に“でき婚”し、翌97年に長男が生まれたが、2005年に離婚。2人はその後、それぞれ再婚した。大沢は16年間、長男を育ててきた。だが、体格などが違うことから今年2月にDNA鑑定を受け、血縁関係のないことが分かったいう。

産経スポーツ★2013年12月24日より引用

****************************************************

 

自分の子ではないとわかったときってどんな気持ちだろう。

やはり男というものはDNAを気にする生き物だと思うから

相当ショックだと思う。でもこの子とは折り合いが悪かったというから

どこかでホッとしているのかもしれない。

元々オス(男性)というものは、動物本来の性質として

自分のDNAを残したいというのがあるからメス(女性)に

アプローチをするのだ。

何より、突然、はい、あなたの赤ちゃんですよと妻から言われて

父になるのだから母親とは全く親になり方が違う。

その点、女性は自分のおなかに10か月も赤ちゃんを

入れて、おなかを痛めて産むのだから、誰の子どもだろうと

自分の子どもに間違いはない。

父と子の関係というのは生活しながら築きあげていくしかない

本来脆い関係だと思う。

    

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ