【続報】西東京市 中2長男自殺事件で父親を自殺教唆容疑で再逮捕

西東京市で中学2年の長男が、父親から暴行され、「24時間以内に首でもつって

死んでくれ」と言われた後自殺した事件で、傷害罪に問われている父親、

村山彰被告(41)(公判中)が再逮捕されることが10月28日明らかになった。

逮捕容疑は自殺教唆。7月30日の朝、母親が自室で首をつって死亡している

長男を発見した際にも全身に数十か所のあざがあり、警視庁捜査一課では

日常的な虐待で長男が精神的においこまれていたことも自殺の要因だと

みて再逮捕の方針を固めたという。

Sponsor Link

2013年4月ごろからしつけと称して村山被告の暴行が始まり、2014年6月には

長男のあざが目立つようになると虐待の発覚を恐れ、長男を自宅に閉じ込め、

学校を休ませていた。さらに、長男が首をつって自殺した際には逮捕されることを

恐れ、発見した母親に救急車を呼ぶのを遅らせるよう指示したという。

【ネタ元 時事ドットコム2014/10/28-23:57 】

 

少し自殺してしまった少年の気持ちに報いることができるかも。

警視庁捜査一課もそういう気持ちで再逮捕したような気がする事件。

母親の再婚で、父親(再婚相手)から虐待されている子どもたちって実はたくさん

いるのではないだろうか。

お母さんたち、そんな場合は自分の夫でもこっそり通報するなど

子どもの命のために戦ってほしいと思う。

でも最近の事件では夫と一緒になって虐待するケースもあるからなあ。

子供には何の罪もなくなんの虐待されるいわれもない。

再婚しなければいいんじゃないかといつも思ってしまう。

 

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ