北九州市 モップが15階から!生後一か月の赤ちゃんの頭にあたる

10月30日午前9時頃、北九州市八幡西区鉄王1丁目のマンションで、

玄関付近に居た赤ちゃんが15階から落ちてきたモップにあたりケガをするという

事故があった。

Sponsor Link

福岡県警によると、モップは15階建てのマンションの踊場から落下し、

このマンションの居住者で、玄関付近を歩いていた母親に抱かれていた

生後1か月の女児の頭にあたった。女児は顔にケガを負ったが、

命に別状はないという。

モップは15階の階段の踊場を清掃していた60代の女性が壁に立てかけた際、

10センチほどの隙間から落下したもの。

木製モップの重さは、約450グラム、長さ約135センチだった。

【ネタ元 朝日新聞デジタル2014年10月31日02時00分

 

キャー、生後一か月ほどの首もすわっていない

柔らかい頭に15階から落ちてきたモップって!

本当に大丈夫なんだろうか。

モップを落としてしまった清掃の女性もわざと

ではないと思うが業務上過失傷害の疑いで

取り調べを受けているという。

 

普段何気なく歩いているビルやマンションの前、

頭上から物が落ちてくるなど考えもしないが

本当に何が起こるかわからないということだ。

でも15階から落下したモップの速度って

どのくらいあるんだろう、交通事故にあったのと

変わらないのでは?

 

落下速度=√(2×9.8×高さ)というのだが、

計算できない…(汗)

 

 

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ