米倉涼子のドラマ、ドクターX3好調!絶妙配役と猫のベンケーシー

いま私が唯一見ているテレビドラマが米倉涼子さん主役の

ドクターX 3(木曜日午後9時からテレビ朝日系)。

 

米倉涼子さん演ずるフリーランスの医師の奔放すぎるが、はっきりとした物言いと

ゆるぎない自分の腕への自信が、見るものをスカッとさせてくれる。

Sponsor Link

米倉涼子さんがクリスチャン・ルブタン(Christian Louboutin)などの高級ハイヒール

で病院内を歩く姿が格好いい。

♪♪♪2014年、白い巨塔の崩壊はとどまることを知らず、
命のやりとりをする医療は本来あるべき姿を完全に見失っていた。

しかし、そんな状況にもかかわらず、国は成長戦略の一環として、
日本の最新医療を積極的に輸出する方針を打ち出し、

医学界はさらなる弱肉強食の時代に突入した。
そんな中、どこの大学医局にも属さないフリーランス、

すなわち一匹狼のドクターが現れた。

例えばこの女、群れを嫌い、権威を嫌い、束縛を嫌い、
専門医のライセンスとたたき上げのスキルだけが彼女の武器だ。

外科医、大門未知子。またの名をドクターX ♪♪♪

 

というのがイントロ。若干違いはあるが、毎回流れるこのナレーション、子供が喜んで

覚えてしまった。

私がナレーションの後ろで流れる曲を口ずさむと、

「群れを嫌い、権威を嫌い、束縛を嫌い…」と始める。

 

私のお気に入りのセリフはやっぱり

私失敗しないので「わたし、失敗しないので」

致しません「致しません」

だけど、子供がすきなのはアキラさんの

「メロンです。請求書です。」
「メロンです。請求書です。」

 「ぎゃーあ」
「ぎゃーあ」

このアキラさんが飼っている猫が可愛い~。

ベンケーシーです♪

ベンケーシーです♪

名前はベンケーシー。昭和30年代の医師ドラマの主人公

からとられた名前のようだ。(ケーシー高峰さんの芸名もここから)

 

それから子供がはまっているのがなんとなく犬のようなイメージのある遠藤憲一さん。運だけはある蛯名医師
「運が向いてきた」

気弱なYESマンなのだが運だけがある

蛯名医師を演じる。ピザーラのCMでもおなじみのキャラで、

このドラマに欠かせない味を出している。

 

撮影現場では米倉涼子さんに抱き付いてばかりというセクハラ?

おやじなのだとか。

 

ベンケーシーとは、昭和30年代の医師ドラマ

<PR>

    

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ